宝くじ・ロト6・ナンバーズ@めざせ億万長者! > グリーンジャンボ宝くじ > グリーンジャンボ宝くじ 1等のカギは「酒店」&「栃木県」にアリ

グリーンジャンボ宝くじ

グリーンジャンボ宝くじ 1等のカギは「酒店」&「栃木県」にアリ

「過去3年間のグリーンで1等が出た52の売り場を徹底分析したところ、町の酒屋さん3軒から 13年、 14年のグリーン1等が出ています。 13年では、5大ジャンボで酒店から1等が出たのはこの小泉酒販だけ。もともと酒店で宝くじを売っているところは少ない。それがグリーンに限って過去3年で3本も1等が出ている。グリーンは酒屋さんが狙い目です」
 
こう語るのは、宝くじの運気を研究する風水建築家の山下剛さん。また、過去3年のグリーン1等当せん売り場のデータを見てみると、東京、大阪、愛知を除き、3年連続1等が出ているのは栃木県だけ。今回のグリーンジャンボは「酒屋さん」と「栃木県」にツキの女神さまが降臨しているもよう。そこで本誌は、億の秘密を探るべく、「酒屋さん」と「栃木県」の売り場で話を聞いた。
 

■酒屋さん売り場
【静岡県・中野酒店】 14年1等前後賞5億円
「うちから出た1等前後賞はバラ。1億円、3億円、1億円が別々の人に当たった。60代の常連の夫婦に『どうせはずれてるよ』と50枚手渡されて、当せん確認の機械に入れたら大当たり。この夫婦は当せん金額に敏感で、1等が億のときは必ず買いに来ていた。このマメさが神様の目に留まったんじゃないかな」(主人の中野進さん)
 
【東京都・小泉酒販】 13年1等前後賞5.5億円
「私、 13年グリーン1等と10番違いのくじを持っているんだよ。当せん番号を確認したときは冷や汗が出たけど、お客さんに億万長者3人が出たんだからよしとしないと(苦笑)」(店主の小山弘さん)


続きは
http://news.infoseek.co.jp/article/joseijishin_d23154/


さあ、栃木に行こう。

行き先は、酒屋だ!!!


<<米倉涼子 宝くじPR「当たってから夢を考えたい」 | 宝くじ・ロト6・ナンバーズ@めざせ億万長者!トップへ | 年末ジャンボは史上最高10億円>>



Powered by Seesaa